前彼とのセックスは、それまでのセックスとは全く違うものだったのです。
ドSな男の人とお付き合いをしたのは、今回が初めてでした。
自分がドMの体質だったなんて、彼氏に調教されてわかったのです。
自分の性癖にぴったりのプレイをするとこんなに感じてしまうのかと思うぐらいの肉体関係になってきました。
肉体的なフィーリングもぴったりだったみたいで、私は彼氏とのセックスでアクメを感じ続けることができていました。
特に彼氏はクリトリス拷問が大好き、長い時間を使って私のクリちゃんを刺激してくれた人だったのです。
クリトリスを吸うためのポンプを使って、クリ肥大にされて、それが敏感さを増すものだったのです。
大きくなった私のクリちゃんを、執念深く攻め続けてくれたのでした。
絶頂を感じる前に寸止めされてしまったり、こんなじらしも最高でした。
それとは逆に、指やおもちゃを使って激しく何度も繰り返しアクメを感じさせられてしまったりもしたのです。
とにかくものすごい勢いで、あそこを刺激され続けてしまったのでした。
あまりの気持ちよさに体は痙攣してしまうし、時に失神してしまうようなこともありました。
感じすぎてお漏らしをするようなことだって多々ありました。
クリトリスを開発されてしまって、クリトリス調教がなくては生きていけない体になってしまっていたのです。
それなのに、そんなベストパートナーとお別れすることになってしまったのでした。
そうなると精神的な悲しさよりも、肉体的な悲しさの方が強くなってしまったのです。

毎日のようにクリトリスを刺激する日々が続くようになってしまいました。
あの頃やられたように、クリトリスローターや電マで責め続けて欲しい、そんな妄想が激しく止まらなくなってしまいました。
女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パートナー募集サイトBEST5
クリ拷問をされている女性から教わったサイト