ドSな前彼は、とっても激しく私の肉体を攻めてくれた人でした。
彼に調教されるようになってから、私の体はとても敏感になっていきました。
こんなに激しいセックスをしたのは生まれて始めて、回を重ねるごとにどんどんと自分がエロい女になっていくのを感じてしまっていました。
とにかくあの部分を攻めるのが大好きな人だったのです。
私のあの部分は、彼氏によって完璧に開発してもらったと言えると思います。
特にお気に入りだったことは、クリトリス拷問でした。
前彼はクリトリスをいじりまくるのが大好き、しかもポンプを使って吸引とかもやられてしまうんです。
肥大したクリトリスはとても敏感になってしまうのです。
それを指で刺激されたり、多種多様なおもちゃを使って刺激をされていくのです。
絶頂を迎えそうになると寸止めされちゃったり、逆に何度も連続でアクメを感じさせられたりもしました。
そんな彼のセックスが突然なくなってしまって、別れた精神的な辛さよりも、肉体的な辛さが顕著になってしまいました。
クリトリス拷問をまたやって欲しい、激しく攻め続けて欲しいと妄想が止まらなくなってしまいました。
最近では毎日のように自分で触りまくっている状態です。
男の人にクリトリス拷問されたいと思う妄想が止まりません。
私のようにクリトリス拷問さた女の子っているのか?と気になってネットで検索をしてみたんです。
その時、パートナーとの関係をつぶやいているTwitterのアカウントを発見しました。

年齢が近い方で、思わずフォローをしてしまいました。
私も似たような経験があるからと、DMを送ってみたのです。
そこから、その女の子とのやりとりが始まっていきました。
私はやってくれる相手を失って、かなり欲求不満だって話してみたんです。
それなら、インターネットで相手を探せばいいと提案されていきました。
インターネットの中だったらドSの男の人との出会いの確率が高いことを教わったのです。
自分がやってみたいプレイを味あわせてくれる、そういう男の人も確実にいると断言してくれました。

 

 彼氏にやってもらったクリトリスの調教が忘れられない状態でした。
私の肉体は完全に、クリトリスを中心として開発されてしまっている状態です。
あの時のような調教を受けてみたい、この妄想が激しさを増す一方になってしまっていました。
クリトリスを吸引されたり、クリトリス用のおもちゃを使って刺激をされたり、想像するだけでもお汁が溢れてしまうのです。
毎日のオナニーも欠かすことができず、確実に欲求不満の領域に入ってしまっていました。
そんな私がTwitterでクリトリス拷問のことをつぶやいている同年代の方と知り合うことができました。
彼女の話によると、出会いはインターネット上だったようです。
彼氏とのセックスが満足できず、相手募集をして知り合って今は調教されている状態のようでした。
フォローした人のパートナーも、かなりクリトリスを重点的に攻めてくれるような方で、激しく深い快楽を楽しんでいることを教えてもらったのです。
どのようにして知り合ったのかと聞いてみたところ、インターネットを使ったようでした。
その方法が出会い系サイトを利用したものだったようです。
出会い系サイト使うことにより、自分が求めるプレイを満喫させてくれる相手を探すことが可能だと断言してくれました。
それを聞いて、私もパートナー探しをしたい気持ちになってしまったのです。
肉体関係はもちろんですが、ただ純粋にクリトリス拷問だけをしたいと思うような男の人もいるような話もされました。
今の私にはどうしてもクリトリス拷問をしてくれる人が必要です。
彼女に詳しい出会いの方法を聞いて、相手探しをやってみることにしたのです。

インターネットを使った出会いは初めての経験ですが、とても詳しく、良い出会い系サイトだとか相手探しの方法なども聞くことができました。

 

 

名前:優依
性別:女性
年齢:33歳
 33歳、彼氏と別れてしまったOLです。
前彼のセックスはとても魅力的なものでした。
特にクリトリス拷問をされた時なんか、完璧なメスになってしまうぐらいです。
そんな快楽がなくなってしまって、毎日オナニーで慰めていました。
またクリトリス拷問をして欲しい気持ちを持っていた時、教えてもらったのがネットでの出会い探しでした。